2012年度入学式

  4月9日(火)に2012年度麻布中学校入学式が挙行されました。天候にも恵まれたうえ中庭の桜もほぼ満開で素晴らしい1日でした。

 校長は、創立者である江原素六先生を紹介し、自由であることと同時に他を思いやる心を持ち続けること、すなわち「愛のある自由」について入学生にお話しました。校長式辞のあと、各クラスの担任、副担任、養護教諭、司書教諭が紹介され、次いで、サークル連合の前事務局長と予算委員会事務局長、文化祭実行委員長などの生徒から、個性的なメッセージが新入生に対して送られました。最後は管弦学部・硬式野球部・柔道部・剣道部・ラグビー部・アメフト部・バスケ部・文実の生徒達による校歌、応援歌の生演奏が披露されました。入学式のあと、桜が満開の中庭で記念写真の撮影が行われました。

写真(サムネイル画像)をクリックすると、youtubeで動画をご覧になれます。

入学式における校長の式辞です。

入学式で披露された校歌と応援歌です。

 以下、4月9日の写真です。

クラスの発表。自分の名前を探します 校門前の記念撮影のための行列。今年は学校の敷地内に並ぶよう誘導されました
やっと先頭にたどり着いて、記念撮影 入学式が始まるまでの間、暖かい日差しの下、中庭で記念撮影などをします。
桜の前で記念撮影する親子 桜が満開の上、雲一つない晴天でした
新入生は中庭で名簿順に整列した後、いったん教室入ります。 入学式が始まりました。新入生入場。
校長式辞 中1の学年会の教員(左側14名)、養護教員、図書館司書(右側3名)
サークル連合の前事務局長「新入生よ、走れ」 予算委員会事務局長「自分の好きなことを見つけて、それを頑張ってください。」
文化祭実行委員長・会計局長「麻布は人生の寄り道だけど、寄り道がなかなかいい。」 運動部によるパフォーマンス。入学式初登場のバスケ部
柔道部 管弦楽部による校歌、応援歌の演奏。今年の指揮は教員でなく高2の生徒でした。
全員で校歌・応援歌の大合唱 新入生全員で集合写真の撮影
教室に戻り、担任の話を聞きます。学年主任のクラスです。 このクラスでは、名前を呼ばれた生徒は立って皆に顔を見せていました。
最後にクラスごとの集合写真を撮影します。 三脚のプロのカメラマンの周りで、保護者の方も写真撮影。桜吹雪がきれいです。