化学グランプリで受賞

化学グランプリは化学に自信のある全国の高校生がチャレンジする、いわば化学の甲子園とも言える大会です。

 化学グランプリの参加者は全国で増え続けており、今年は3600名ほどが受験したとのことです。麻布からは生徒有志が参加しています。大会は筆記試験の一次選考を勝ち抜いた80名が二次選考に進み、実技試験(実験とレポート)に臨みます。一次、二次の総合成績により、各賞が授与されます。

 今年は高2の吉村耕平君が銀賞、高3の水野太郎君が銅賞を受賞しました。高2の吉村君は来年夏に開催される国際化学オリンピック日本代表を目指すことになるので、引き続き奮闘が期待されます。

校長から賞状を渡される吉村耕平君。 校長から賞状を渡される水野太郎君。
化学担当教員も一緒に記念写真。

  麻布の近況へ  表紙へ