屋上の日 セレモニーイベント

過去、近隣への迷惑や使い方の問題から、麻布の校舎の屋上が閉鎖されたという歴史がありました。そののち、生徒の自治の力で再開放に至りました。
そのことを忘れないように、毎年5月20日を「屋上の日」と呼び、二度とモラルのない屋上の使い方をしないことを誓うと同時に自治の大切さを考える日にしています。
今年も、屋上でのイベントが予算委員会を中心に行われました。

屋上で悪さをしている不良(左四人)が真面目生徒(右四人)と戦う(ドンじゃんけんで) たどたどしい演技ですが、受けているようです。
演技中の予算委員とそれを囲むギャラリー達。後ろに見えるクレーンは体育館の建設で使われています。 最後に生徒委員会主任の教員が、総括をのべました。

  麻布の近況へ  表紙へ