生活科学 ユニバーサルデザインを考える授業

中学一年生の生活科学では、ユニバーサルデザインについて学習しています。生徒全員が既存の製品や駅、建物の構造など、どのようにしたら、より使いやすいデザインになるかを考え、レポートにまとめました。そのうち、優秀なレポートは、それぞれ関連する企業に送っているのですが、たくさんの企業から、お返事をいただきました。

ドロップの缶を力のない人でも開けやすくするアイデアをまとめたレポート 企業からお礼の手紙と品が送られてきました。クラス全員で分けました。
ペットボトル、牛乳パック、ファイルをより使いやすくするためのアイデア 駅のホームをより安全に使いやすくするためのアイデア
自転車置き場を使いやすくするためのアイデア さまざまな企業が中学生のアイデアに誠実なお返事をくださいました。ありがとうございました。

  麻布の近況へ  表紙へ