中2地理 夏休みの課題に関する報告

1.環境地図作品展表彰
 夏休みの課題に「環境地図展応募作品の作成」を選択した生徒の作品を、当該コンクールに出品しました。このコンクールは、身のまわりの環境について自分で調査したことや観察したことを地図で表現するというもので、4組の宇野優歩君「鳥に聞いた!あなたのお気に入りの場所は? in石神井川」が優良賞、7組の齋藤昂輝君「その横断歩道 渡りきれない 渡れない」が努力賞でした。
表彰式会場が北海道であったため、学校に送られてきた表彰状を平校長から授与してもらいました。
環境地図作品展についてはこちら(http://www.environmentalmap.org/)

2.ケッペン気候区分プログラム発表会
資料集に掲載されているケッペンの気候区分の判定フローチャートをプログラム化する課題もありました。これを選択した生徒が自らの作品についてプレゼンテーションを行いました。
中1で表計算ソフトを使用した経験があるせいか、表計算ソフトのif文を使って判定した生徒が多く見られました。CやVBAでプログラムを組んだ生徒もいました。高校生レベルの課題ですが、40名以上の生徒がチャレンジしたことは課題設定側としても驚きでした。


  麻布の近況へ  表紙へ