カナダ ショーニガン・レイク・スクール ロバートソン校長夫妻来校

 2018年3月24日、交流校であるショーニガン・レイク・スクールからロバートソン校長夫妻が麻布を訪問し、平校長や国際交流委員の教員と歓談の場を持ちました。校長ご夫妻が麻布に来校されたのは、2003年の交流時、2015年の創立120周年記念式典参加に続き、今回で3度目です。ロバートソン校長は今年度で長年務められた校長職を惜しまれながらも退任されます。2001年からこれまで続いている同校との交流も、ロバートソン校長の理解と協力があってのものです。和やかに思い出話をする中で、今後の交流の継続を約束し、両校との強い絆を再確認できた大変有意義な場となりました。
An Abiding Friendship
Mr. and Mrs. Robertson from Shawnigan Lake School in Canada visited Azabu to meet our headmaster, Mr. Taira, one pleasant afternoon in late March. Our cherry trees in the courtyard were coincidentally in full bloom as if welcoming the guests. It was their third visit to Azabu: in 2003 with the group of SLS students and in 2015 to give a keynote speech at 120th Anniversary International Exchange Symposium. Mr. Robertson is regrettably retiring from Shawnign Lake School this year. Our relation started in 2001 has successfully continued this far owing to his generous understanding and cooperation to this exchange program. The meeting was a great success where we promised our continuous relationship and an even stronger bond between the two schools.

  麻布の近況へ  表紙へ