麻布で日本語を学ぶ留学生達(2001年度留学生)

2001年6月の時点で、麻布学園には三名の留学生がいて、日本語を勉強し、本校の生徒達と交流をしています。禹R年(ウ・ヒョンニョン)君は、韓国のソウルのクァン・スン高校から、YFU日本国際交流財団を通じて本校に来ました。禹君は高校2年7組に所属し、天文部に入っています。彼は二学期いっぱい本校に滞在する予定です。王文斌(ワン・ウェンビン)君と劉青松(リュウ・チンソン)君は、本校と交流のある中国の寧波職業技術学院の日本語科に在籍しており、6月23日までの二ヶ月間、授業に出たり、禹君と一緒にボランティアの教員による日本語の集中的な学習を続ける予定です。王君は高校2年1組に、劉君は高校2年3組に所属し、二人とも本校の生徒の家庭にホームステイをしています。(写真は本校生徒と歓談する留学生)