寧波(中国)・ショーニガンレークスクール(カナダ)
春休み訪問団結団式

 かねて交流を重ねている中国の寧波中等専業学校への訪問団と、今年から新たに交流が始まったカナダ、ビクトリア州のショーニガンレークスクールへの訪問団の合同結団式が、終業式の3月19日に行われた。


 寧波派遣団は生徒13名(高2:4名、高1:9名)と引率教員3名で3月21日から30日まで10日間の日程である。最初南京に入り、南京の金陵中学(日本の高校)とまず交流を行う。その後杭州、紹興を経て25日に寧波に入り、4日にわたり中等専業学校の生徒とともに寮に泊まり、交流をしてくる予定である。


 ショーニガンレークスクールへは、生徒8名(高2:5名、高1:3名)と引率教員4名で4月1日から8日までの日程で5日間にわたってショーニガンスクールの寮に泊まり、交流してくる。ショーニガンレークスクールはカナダ西海岸のバンクーバー島にある全寮制で、男女共学の中学・高校6年生の学校である。


 寧波からは、4月より2名の生徒2ヶ月の短期留学に麻布にやってくる。また、ショーニガンレークスクールからは、8名の生徒と2名の教員が4月12日から19日まで麻布学園を訪れる予定である。


 新学期には、それぞれの交流の様子がこのホームページ上で見られるでしょう。

根岸校長からの激励の言葉

派遣生徒代表による挨拶

寧波(中国)派遣生徒

ショーニガンスクール(カナダ)派遣生徒