ウィンチェスターからの留学生

 ウィンチェスター校を卒業したエドワード・レビークーパー君が、ギャップイヤーを利用して当校に滞在しています。滞在期間は2009年4月19日から6月14で、本校の生徒の家庭にホームステイしています。日本語、日本文化、書道の授業を受け、放課後に英会話の練習相手にもなってくれています。滞在期間中、東京、鎌倉を中心に精力的に現代の日本を見て回っています。初めて見た相撲が好きになり、五月場所は毎日のようにテレビで観戦し、一度国技館にも見に行くという熱の入れようです。

麻布生の英会話の相手になるエドワード君