ガーナよさこい2011

 

 今年のガーナ交流は、震災の影響もあり、一時は実施が危惧されましたが、支援会の方々のご尽力、協賛の方々のご厚意により、実施することができました。
例年よりも、交流の時間を多くとり、麻布には3日間訪問し、部活交流なども行うことができました。

8月20日

オリエンテーション。 自己紹介も兼ねて 踊りの練習開始です。


8月22

この日は終日、ベネッセの協力でロボットのプログラミングに挑戦。 ガーナ人と日本人で3人チームを作って取り組みます。中学生も積極的に。
夕方4時に終了。お疲れ様でした。


8月23日

午前中はバスケ部の高校生と交流試合です
午前中はバスケ部の高校生と交流試合です 接戦を制してガーナチームの勝利。
後は卓球。様子を聞きつけた麻布生が飛び入り参加しています。


8月24日
 

午前中、サッカー部の中学2年生チームと交流試合です。
審判のお目こぼしもあり、ガーナチーム勝利。 サッカー部から福島の浪江町(昨年までの合宿地だそうです。)応援リングをもらい、記念撮影。
午後はグループ学習。社会問題について互いの国の情報を交換します。今回は災害、エネルギー問題、中国資本、NGO、民主主義と、盛りだくさんの挑戦でした。

8月25日

 
JICA地球ひろばにて公開交流会。日本人チームはラジオ体操を披露しました。 ガーナ人チームは民族ごとの踊りを披露してくれました。
夜はガーナ大使館を訪問し、ガーナ料理とダンスパーティを堪能しました。

8月28日

 
よさこい祭り、本番直前。夜の打ち上げで手渡すプレゼントの作成中。 12時過ぎ、表参道をトップで踊り歩きます。
12時過ぎ、表参道をトップで踊り歩きます。 踊り終わり、心地よい疲れ。

国際交流のページへ  表紙へ