2017年12月 中国短期訪問留学

(1) 12月22日
(2) 12月23日
(3) 12月25日
(4) 12月26日
(5) 12月27日

12月21日から28日まで、中3・高1・高2の総勢18名で中国に行きました。21日の朝に出発しましたが、交流先の実験中学のある河南省に着いたのは夜7時すぎでした。

このページのトップ  国際交流のページ  表紙

(1)12月22日

交流初日です。まずはホストやアテンドの学生との対面式です。 やや緊張気味で自己紹介をしました。
やや緊張気味で自己紹介。 河南省実験中学の校長先生方にご挨拶しました。
   
 数年前、校長先生が麻布にいらっしゃったときに握手をしてもらった生徒2名との記念撮影です。  班別トークの時間。学生同士、お互いの悩みや不満について意見交換をしています。
   
 班別トーク。 班別トーク。
   
 班別トーク。 班ごとの話の内容を発表します。
進学や勉強への不満やコミュニケーションの悩みは日中の若者にとって共通の悩みのようです。 
   
 班ごとの発表。  2時間話し続け、だいぶ打ち解けてきました。

このページのトップ  国際交流のページ  表紙

(2)12月23日

翌日、日本語クラスの生徒と一緒に少林寺に遠足に行きました。 武術ショーを見たり、境内の散策をしました。
武術ショー、境内の散策。 武術ショー、境内の散策。
昼食です。 気温が思ったほど低くなく、このあとデザートにアイスクリームを食べる生徒も続出しました。
少林寺景観区にある武術学校で体験講座に参加しました。 武術学校で体験講座。
武術学校で体験講座。 ショーで見せられるほどにはなりませんでしたが、記念撮影。
夜、鄭州市内のホテルでクリスマスパーティをしました。
これは日本や麻布の紹介をしているところです。

このページのトップ  国際交流のページ  表紙

(3)12月25日

前日、日曜日はホストファミリーとゆっくり過ごしたので、登校してからもテンションが高めです。 麻布のリクエストで授業に参加させてもらいました。
経済の先生は中国語だけでなく、英語と、少しの日本語を交えながら対応してくださいました。 経済の先生は中国語だけでなく、英語と、少しの日本語を交えながら対応してくださいました。
最後に全員で記念撮影をしました。 バスが出発してからも見送ってくれました。
別れてからもSNSを介して交流は継続していましたが…。

このページのトップ  国際交流のページ  表紙

(4)12月26日

この日から西安の史跡をめぐります。まずは西安郊外の兵馬俑坑から。 長恨歌で有名な玄宗と楊貴妃が過ごしたという華清池です。
楊貴妃をイメージした像は近づけなくなっていました。 高2の先輩から中3の後輩に長恨歌の解説中です。
今は温泉が湧いている部分はこの井戸くらいしかないようです。 華清池の裏山(驪山)は西安事件の舞台としても有名です。ここから階段を昇ります。
昇りきったところは、西安事件で蒋介石に逃げ込んだ岩場です。 危険なので上までは上がれませんでした。
(準備中)
夜間外出中、生徒だけで屋台料理に挑戦しにいきました。
これは西安名物のビャンビャン麺です。
ちなみに、ビャンビャン麺のビャンはこう書きます。
西安の城壁の夜景をバックに記念撮影。

このページのトップ  国際交流のページ  表紙

(7)12月27日(土)

午前中は博物館を見学し、そのあと城壁にのぼりました。 城壁の上を電気カートで移動します。
清真大寺というイスラーム寺院の見学に行きました。 露店が並んでいるので、店員さんとコミュニケーションをとりながら買い物をしました。
  露店で買い物。 露店で買い物。 
   
 玄奘三蔵で有名な大慈恩寺の大雁塔にのぼりました。 大慈恩寺の大雁塔から。 
   
 夕方、茶芸館で休憩しました。 最後は皆で打ち上げをしました。  
  
皆で打ち上げ。

このページのトップ  国際交流のページ  表紙