2010年度 河南省実験中学 訪日交流

 昨年はインフルエンザの流行の懸念し、交流ができなかったので2年ぶりの実施となりました。

 7月17日から20日まで、20名の学生が来校し、ほんの短い時間ですが交流しました。今回は全泊、ホストファミリーの方々にお世話になりました。中国の学生同士で過ごす時間が短かった分、中にはほんの4日間の滞在にも関わらず、日本語が上達した生徒もいました。

20日、終業式後のパーティの様子です。乾杯待ちです。 乾杯とともに食べ始めます。
ホストファミリーの方々にも参加していただきました。 引率の先生方と。前列、校長をはさんでお二人の先生がいらっしゃいました。
パーティのメインはホストファミリーのスピーチと、中国の学生による日本語スピーチです。日本語を学んで1年、2年しか経たない生徒ばかりでしたが、メモを見ながら全員日本語でスピーチしました。
引率の先生のごあいさつ。茉里花という歌を披露してくださいました。 最後に全員で記念撮影。またお会いしましょう。再見!