国語科

genbun.jpg (56632 バイト)

〈現代文〉

 確実な読解力・表現力を養成することを主眼とし、その上にたった深い人間認識が出来るようにするため、それぞれの学年の中で発達段階に応じた指導をしています。中学では、さまざまな教材を用いて、幅広い人間理解とともに、豊かな感性や論理的思考力を育てることを目標とし、中3で、その総まとめと、高校での主体的学習姿勢を形成するため、共同卒業論文を課しています。高校では、中学での学習を基礎として、多様なテーマの小説や評論を取り上げ読解を進めていくことで、より深い理解力・表現力を身につけさせることを目標としています。

生徒の作文はこちらをクリック

〈古文〉

 中2より文語文法を扱い、同時に平易な教材を用いて、基礎的な読解力を養います。高校では、中学の基礎をもとに、すぐれた古典の教材を選び、読解力・鑑賞力を身につけさせるようにしています。最終的には、源氏物語等を味読できることを目標としています。

〈漢文〉

 中3から高2まで必修とし、論語・史記・唐詩などの古典の読解を通して、総合的な学力を修得させることを目標としています。


数学科

 中学・高校の6年間を見越したカリキュラムのもと、独自に編成したプリントを教材として用い、基礎的な計算力・論理力・思考力を身につけるとともに、数学の楽しさ・美しさも感じることができるように工夫しています。  中学1年・2年次には代数と幾何の2科目を設定しています。代数では、方程式・不等式・関数の基礎を中心に学習していきます。また、文字式の操作方法を習得して、抽象的な数学表現が扱えるようにします。幾何では、平面図形の理解を通じて論理的思考を身につけていきます。また、立体に触れることで空間の把握能力を培います。代数・幾何ともに、演習を通じて高い習熟度を目指しています。これらの素養を土台として、中学3年から高校数学の内容を学び、高校1年・2年次には更にその内容を発展・深化させていきます。また、高校2年から将来の進路を配慮して選択制を取り入れ、演習にも重点をおいた授業を展開しています。  本校では、一連のカリキュラムを通じて、問題の背景にある数学的構造を見抜く姿勢・手を動かして自分で性質を発見する姿勢・直感的なイメージを数学的に表現する姿勢を大事にしています。

英語科

 中学では基礎力を徹底して養う一方、生徒の持つ能力を引き出すために、質量ともにかなりの努力を要する内容になっています。  中1から中3では、週1時間を外国人講師が担当し、「聞く」「話す」の面から語学教育を行います。また中2・中3では、分割授業も導入し、きめ細かい指導に留意しています。
 高校では、リーディング・ライティング・リスニングにおいて、総合的な力が身につくように、独自のカリキュラムに沿って指導しています。

社会科

 中1では世界の地理と歴史の分野を統合した「世界」という科目を設け、中2では日本を中心とした「歴史」と「地理」の2科目を設けています。  中3では「公民」と「日本史」の近現代を、高1では必修の「現代」という科目を配することで、地歴・公民科の基礎知識の習得および、近現代の様々な問題の総合的な学習をめざすなど、中高一貫教育の特徴を活かしたカリキュラムになっています。  なお、高1では、「基礎課程修了論文」(通称「修論」)において、地歴・公民分野より、各自自由にテーマを選んで研究し、論文としてまとめる作業を課しています。  高2からは、幅広い選択制を取り入れています。「日本史」「世界史」「地理」は2年間の継続履修とし、「倫理」(高2)「政治・経済」「哲学」(高3)は単年度履修とし、重点的に理解を深められるよう配慮しています。

理科

 中1から高1までを必修とし、物理・化学・生物・地学の4科目に分けて、それぞれ専門の教諭が担当しています。  各科目とも中1・中2では、自然の観察と、基礎的な実験を通して、科学的なものの見方を習得することに重点をおいています。 中3・高1では、実験だけでなく論理的考察も重視し、それぞれの基礎法則の充分な理解を心がけています。 高2は物理・化学・生物・地学の中から2科目を選択必修とし、科目をしぼって内容を深めています。 高3は高2で選択した科目を自由選択としています。各学年にわたり、実験実習室8室(各科実験室、物理・化学教室、地学講義室)を使って、生徒実験・演示実験をおこない、AV教材も有効に活用しています。

保健体育

 肉体を鍛えるというだけでなく精神面も重視し、心身の健康についての知識の理解と、合理的な体育実践を通じて、全体的な調和発達をはかっています。中1から高2にわたって柔道・剣道を週1回クラスを分割して選択必修としています。  また麻布学園多摩川グラウンドでは、中2を対象に行っています。

芸術科

 日本画・西洋画・彫刻・工芸・声楽・器楽・作曲・書道をそれぞれ専攻した教諭陣がそろっており、とくに高校においては美術・工芸・音楽・書道の4科目を選択履修できるように配慮しています。

技術科

 単に物を作るということだけではなく、科学的な理解と現実的な応用という、座学と実習を通して、工学的な技術教育を実践しています。 加工・電機・情報の各実習室を備えており、中学の情報と高校の情報との連携も図りながら実施しています。

家庭科

 中1・高1を対象に、生活者の視点から社会を見つめることを目的とした授業を行います。家族・食生活・消費者問題・環境などのテーマを扱います。  中1「生活科学」では上記のテーマをワークショップや実践活動を通して学びます。  高1「生活総合」では、夏休み体験学習を実施します。老人ホームや病院、障害者施設でのボランティア活動、講演会、家族のための食事づくりなど多岐にわたる内容です。

情報科

 高2において「社会と情報」に準拠した内容の授業を行っています。授業は情報教室にて行い、生徒はノートパソコンを専有し、教室内LANおよび外部ネットワークに参加する形で、各種課題に取り組んでいます。  すでに生徒たちの多くは、パソコンや携帯電話など便利な情報通信機器に囲まれて生活していますが、社会の情報化はこれからますます発展し、複雑化していくことでしょう。  教科「情報」では、情報の取り扱いについて、より深く考える姿勢を養うとともに、社会の情報化をめぐる諸問題について確かな視点を持ち、問題解決能力を身につけさせることを目的としています。

教養総合

 高1・高2を対象に土曜日の2時間、教養総合の授業が実施されています。  この授業は、既成のカリキュラムや学年の枠にとらわれずに行われます。生徒は、テーマ性の高い多様な授業群の中から、それぞれ自分の関心にあった授業を、各学期ごとに選択します。  教養総合は、自らの興味に即したテーマに取り組むことで、生徒の勉学への積極性や自発性を高めることをめざしています。  専任教員が行う授業にくわえ、一つのテーマを卒業生など学外の複数の講師が担当するリレー講座も組み込まれています。

2016年度に開設している教養総合の講座はこちらをクリック

2015年度に開設している教養総合の講座はこちらをクリック

2014年度に開設している教養総合の講座はこちらをクリック

2013年度に開設している教養総合の講座はこちらをクリック

2012年度に開設している教養総合の講座はこちらをクリック


保健室

hoken.jpg (53872 バイト)
 中1から高3までの年齢は、肉体的、精神的に最も発達する時期です。  更に、激しく変化する社会環境は、子どもたちの心身の発達に大きな影響を与えています。保健室では、こうした状況をふまえて、入学時の保護者面接をはじめ、細やかな健康診断の実施、健康手帳の活用等により、生徒一人一人への対応を心がけています。個々の成長や発達を支援できる場でありたいと思っています。