麻布学園PTA

第13回麻の葉セミナーの様子

毎年恒例のPTA主催 麻の葉セミナーが、学内外の講師をお迎えし6部門に分かれて11月19日(土)に開催されました。各会場の様子をご報告します。

A パネルディスカッション

    ~ 麻布を語る ~ 
          平 秀明校長先生(1979年卒)
          安東 守仁先生(1975年4月~2011年3月 元国語科教諭)
          岡部潤氏(キャラバンツアー)、久保健一氏(NHKディレクター)
          金森裕一氏(横浜市立大医師)、続大介氏(文芸春秋編集)
          中野純氏(陶芸家)

主に1991年卒の5名の方々にそれぞれ15分程お話し頂きました。
「麻布での楽しい生活、自由とは何か」「先生方との素晴らしくおかしな思い出」「その後のユニークな人生」「麻布生になったと感じた瞬間」「現在の生活」など盛り沢山の内容。
例年同様それぞれが話し上手で、時間があっという間に過ぎました。
また、元担任の安東先生や平校長先生からは、当時の生徒達によるいたずら等面白おかしいお話もありました。担任の先生はじめ先生方の生徒に対する温かい愛情が伝わりました。麻布での自由な学生生活、先生方からのたくさんの愛情を糧に パネラーの皆様がご自分の道を進み続けていらっしゃるように感じました。
A
AA

B 男声合唱

    ~ お父さんも歌おう ~ 
          講師) 有川 文雄先生(元音楽科教諭)

昨年度まで生徒向けに行っておりました教養総合の「歌をうたおう」をPTAのお父様向けに講義していただきました。44名のお父様が参加されました。
まずはこんにゃく体操から始まり、発声練習とバッハのカノン。そして高2の生徒にファミコンで歌ってもらった世界最古の カノン「夏は来たりぬ」を6声で、ウェーバーの「狩人の合唱」を2声で練習し、最後は音楽室のステージで合唱しました。
お父様方の感想
「楽しかったし、大声を出して歌ってすっきりしました。」
「皆さん結構テンションが上がっていました。どうせ歌うなら、思いっきり楽しもう!という思い切りが感じられました。」
「課題曲のカノンは非常に難しく言葉は古典英語、音符を見ながらついて行くのがやっとでした。」
「最後にファミコンで子供達が歌った様子をビデオで鑑賞しました。子供達、しっかり歌いきっていて、すごい!と感心しました。」
有川先生、ありがとうございました。
B B

C シルバ―クラフト

    ~ 純銀マドラーの制作 ~ 
          講師)彦坂 昌宏先生(工芸科 教諭)

彦坂先生による4回目のシルバークラフト体験。
彦坂先生が今年度で退職されるとあり、60名近くの多数の応募をいただき、今回24名の方が受講されました。
①純銀の角棒を、ガスバーナーで熱して柔らかくします。
②ねじりをいれて、トンカチで叩きます。
削り、刻印をして、ひたすら磨いて完成です。
受講時間が大幅に延びてしまう程皆さん熱心で、それぞれの想い込めた味わい深いマドラーとなりました。
お酒が美味しく飲めそうですね。
C
C C C C C

D グルーデコ

    ~ グルーを使ったハンドクラフト ~
          講師)三谷昌美氏(Atelier Maison Deco主宰)

エポシキ系のパテ「グルー」を使ったハンドクラフトです。
今回はスワロフスキー社製のチャトンを使って、初めての方でも楽しんで頂ける、キラキラペンダントトップを作りました。
応募多数のため抽選となるほどの人気のなか、38人の参加者が制作に臨みました。三谷先生や4人のアシスタントさん達の丁寧なご指導のもと、和やかな雰囲気で細かい作業をこなし、華やかで品のあるアクセサリーを完成させました。
D
D D D

E フラワーアレンジメントで癒やしの時を過ごしましょう

    ~パリテイストのナチュラルなフラワーアレンジメントを体験~
          講師)長塩由実氏(レ ミルフォィユ店長)

数々のイベントで人気の長塩先生の作品を体験できる講座です。
24名が参加し、お花と触れ合う事が出来ました。
「お花を入れる時は、上手に作ろうと思わず、リラックスして素の気持ちでいると、お花が入れるところを教えてくれます。お花の気持ちになって、お花が気持ちよいように。このひと時を“なんて幸せなのかしら”と思いながら作りましょう」という長塩先生のアドバイスを聞きながら、皆さま熱心に、受講されていました。センスの良い、ステキな作品の完成です。
D
E E

F 自立講座

    ~ 社会で活躍する人材の育み方 ~
          講師)粂井優子氏(一級家事セラピスト)

講師の粂井先生は、3人のお子さんの母親、そして一級家事セラピストに親楽ナビゲータとしてご活躍されています。 ご自身の子育て経験だけでなく、様々なお子さんと接してこられており、とてもパワフルな語りにグイグイと引き込まれるようにお話を伺いました。また5,6人ずつのグループワークでは他学年の保護者の方ともお話ができ、大変有意義で楽しい2時間となりました。
今回の講座を通して、子供が自立していく上で、家事の経験の大切さを改めて認識しました。 家事は段取り力、自分で考え、先を見通す力を養うし、家庭の中での役割を担うことで自尊感情も育つ… 先生がご用意してくださった「手を出しすぎていませんか?日常を振り返ってみよう」というチェックリストでは、3つ以上あると手を出しすぎの黄色信号とのこと。「自分がする方が楽」とか「時間がない」等々の理由で、つい子供の”お世話”してしまっていることが意外とあり、早速普段の生活を見直してみようと思いました。
ハートマークのメールのことも含め、たくさんのヒントをいただきました。
粂井先生ありがとうございました。
F
AAA

麻布学園PTAトップページ >>