麻布バンクーバー会

 カナダ・バンクーバーでは、当地在住30年の麻布学園OB小谷時数(1969年卒)の会社が仲介となり、麻布学園と現地名門全寮制の学校ショーニガン・レイク・スクールが毎年相互交流を行っている。 春休みに麻布生は当地を訪問し、その際、常に当地OBが激励の夕食会を主催している。

 2008年4月5日(土)には、バンクーバー市内の中華料理店にて夕食会が開かれ、小谷、木村(1959年卒)、和達(1998年卒)の在住のOB3名と麻布生、引率の教員の計15名でテーブルを囲んだ。現役の高校生の若いパワーに引っ張られる形で、現在の麻布のこと、過去の麻布の思い出や、海外生活についてなど、多くの話題で会話が盛り上がり、あっという間の楽しいひと時であった。

 バンクーバーにおける麻布OB会についてのお問い合わせは、小谷時数(otani@@toa-cpci.com ←“@”を一つ取ってください)まで。